厳しい現実|イーオンで英語を学ぶ【日本語教師を目指すなら語学力を高めよう】

日本語教師になるために必要なこと│上を目指そう

厳しい現実

女の人

日本語を教える

日本語教師を志す人は様々な学問の知識を修めていなければいけません。例えば、言語習得理論や語学教授法などです。また、日本語教育能力検定試験にも合格する必要があるのです。これらは非常に大変なことで、日本語教師になるのは容易でないということが伺えます。

日本語教師になる

日本語教師になる人は、それを夢見て努力してきた人が大半といえるでしょう。日本語を母語としない外国の人に教えるのは至難の技です。しかし、それをやりがいとしている人も多くいます。外国の人に日本語を教える場合は、宗教や文化などその国に存在する環境を理解することも大切です。ですから、自分がどこの国へ行くかで知るべきことも変化するので、国に合わせて情報収集をするようにしましょう。

日本語教師の仕事

日本語教師は非常勤という採用方法が基本となっています。このことから、固定給という安心パターンではないという不安が大きくなります。ですから、学校を掛け持ちして働くという方法を取る人もいるのです。時給は約1900円前後と悪くないため、しっかりと働けば給料はそれなりにあります。

限界が見える

非常勤はどれだけ頑張っても年収が300万円前後といわれています。これが限界値であるため、やる気を失う人もいるのです。しかし、常勤にさえなれれば話は別で、毎月安定した給料を貰える他待遇も良い環境に身をおくこともできます。さらにここからのステップアップとして日本語教育の研究者としての道も切り開くことが可能です。この道へ進むことができれば、収益がさらに上がり社会的地位も手に入り、安定した生活を送ることができでしょう。